MENU

それぞれにのライフスタイル

生き方とも呼ばれる生き方は、社会のメンバーが共有する生き方を指します。より広義には、個人、グループ、または文化の興味、意見、態度、および行動の方向性を指します。

 

同じ社会に属する人々とは、生産、消費、家事、仕事などの生活の基本的な要素が同じように行われていることを指し、認識と行動のパターンを共有できるからです。社会や時代が異なれば、この生き方にも多様性が生まれ、異なる生き方を理解することが異文化理解と言えます。同じ社会の中でも差別化が起こり、そこから階級やヒエラルキーが生まれると、価値観も差別化され、そこから多様な生き方が社会に生まれます。

 

ライフスタイルという用語は、オーストリアの心理学者アルフレッド・アドラーによって「子供時代に確立された人の基本的な性格」という意味で導入されました。 「マナーと生き方」という広い意味でのライフスタイルは、1961 年以来議論されてきました。ライフスタイルは、具体的な要素と抽象的な要素の定義された組み合わせです。具体的な要因は、特に人口統計学的変数、つまり個人の人口統計学的プロファイルに関連していますが、抽象的な要因は、個人の価値観、好み、視点など、個人の心理的側面に関連しています。

 

近年、地球環境を意識した地球規模での循環的かつ継続的な取り組みにより、感染症の広範にわたる蔓延や各国の自然災害や政治動向、社会への依存度を高めた複雑で多様なライフスタイル。資本。一方で、難民や原住民の生活様式を古い密林に取り込む代わりに、より文化的、文明的な要素が存在し、大量生産と消費活動から必要最小限の段階へと移行しています。

 

個人ID
ライフスタイルは一般的に、人の態度、ライフスタイル、価値観、世界観を反映しています。したがって、ライフスタイルは、自己の感覚を発達させ、人のアイデンティティと共鳴する文化的シンボルを作成する手段です.ライフスタイルのすべての側面が自発的というわけではありません。周囲の社会的および技術的システムも、人が行うことができるライフスタイルの選択と、他人または自分自身に投影できるシンボルを制限する可能性があります.

 

現代社会では、個人のアイデンティティと特定の生き方を表す日常活動との境界が曖昧になりつつあります。たとえば、「環境に優しい生活」とは、資源の消費を減らし、有害な排出物を減らすための行動 (エコロジカル フットプリントの削減など) に対する信念とコミットメントを持ちながら、それらの信念と行動に従うことを意味します。それは、自己認識になることを意味します。消費者の行動は、現代のライフスタイル構築の基礎であると主張する人もいます。それは、ライフスタイルに合わせたさまざまな商品やサービスを利用することで、自分自身を創造し、個性化できるからです。

 

ライフスタイルには、政治、宗教、健康、愛情などに関する見解が含まれます。これらすべての側面が、ライフスタイルを形作る上で役割を果たします。

 

着心地がいい服